安近短な旅の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京からE7系の長野新幹線に乗って一関に帰って来ました???

<<   作成日時 : 2014/04/30 17:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2014年4月27日、東京駅から長野新幹線のあさま号の一部として運行している”念願”の「E7系」に乗って、一関に帰って来ました。
画像

画像


あさま号って長野に行くんだよね、一ノ関駅は東北新幹線でしょ?
そうなんです。現在「E7系」は長野新幹線のあさま号の一部としてのみ運行しており、東北新幹線は走っていないんです。
じゃあ、どうして「E7系」乗れたの?ということになるのですが、実は長野新幹線と東北新幹線(上越新幹線も)は同じJR東日本管内。東京から大宮までは同じ線路を走っているのです。

JR東日本路線図
http://www.jreast.co.jp/map/pdf/kanto.pdf

従って、東京〜大宮間は駅も改札も同じ。
大宮まであさま号に乗って、大宮で降りて改札を出ずにそのまま東北新幹線のやまびこ号、はやて号、はやぶさ号に乗り換えれば良いのです!

ということで、この日は東京駅発16:40のあさま535号に乗って大宮まで行き、大宮からはやて113号に乗り換えることにしました。(ちなみにチケットは、乗車券、特急券は東京〜一ノ関間で指定券が大宮〜一ノ関間。あさま号は自由席があるので大宮までは自由席です。やはて号は全席指定席なので、大宮からの指定席券が必要。)
画像


さて、ついにやって来ました!駅員さんがお出迎えしています。
画像


私も含め写真撮影の人がたくさんいて、場内放送は「写真撮影の方、下がって下さい、下がって下さい。」と何度も連呼(汗)。

「和の未来」をコンセプトにしたワンモーションなデザインと空色をイメージした青がかっこいいですねぇ〜。
画像

画像


この車両は上りで東京にやって来て、折り返し運転で長野へ行くので、ライトがヘッドライトから赤のテールライトに変わります。
画像

切れ長の目もかっこいいですねぇ〜。
画像


シンボルマークは「輝く未来に向かって突き進むイメージ」のこれまたかっこいいデザイン。
画像


ちなみにE7系もE5、E6系と同様にあさま号に限らず、他にも供用されるのでシンボルマークに名前は入っていません。現在シンボルマークに名前が入っているのはE3系1000番台、2000番台のつばさ号だけのはず。
画像


それでは、いよいよ乗車です。
まずはデッキを拝見。
画像

画像

ホテル並みのデッキのE5系と比べると狭いかな?

では中へ。
画像

画像

和は雰囲気たっぷりのカラーなシートですね。

全席にコンセント配備。
画像

通路側の席の方用は、前席のドリンクフォルダーの下の真ん中についています。
画像


背もたれを倒すボタンは、と。ん?無い、無いですよ。なんで???
画像

と焦りましたが、ありました。最近ではめずらしく「ボタン式」ではなく「レバー式」でした。
画像


遠目にN700系を見ながら出発。この新幹線もデビューは衝撃的だったなー。
画像


テロップを見たりしている間に、
画像


あっという間に大宮駅に到着。
画像


わずか25分間でしたが、まずは念願がかないました。
よーし、次は長野まで行くぞー!!!




【新幹線付プラン】蔵ホテル一関(JR東日本びゅう提供)
楽天トラベル
往復新幹線+宿泊がセットでおトク!JR東日本の旅行商品「びゅう」が楽天トラベルで予約可能に!(全商品





【新幹線付プラン】ホテルサンルート一関(JR東日本びゅう提供)
楽天トラベル
往復新幹線+宿泊がセットでおトク!JR東日本の旅行商品「びゅう」が楽天トラベルで予約可能に!(全商品





【新幹線付プラン】ベリーノ ホテル一関(JR東日本びゅう提供)
楽天トラベル
往復新幹線+宿泊がセットでおトク!JR東日本の旅行商品「びゅう」が楽天トラベルで予約可能に!(全商品



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京からE7系の長野新幹線に乗って一関に帰って来ました??? 安近短な旅の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる