安近短な旅の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS ひと足先に春の訪れ 「第9回 せんまやひなまつり」

<<   作成日時 : 2016/02/15 22:16   >>

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年2月11日 「第9回 せんまやひなまつり」が開幕しました。
画像
会場は岩手県一関市千厩町の「千厩酒のくら交流施設」。
画像
今年は初日の11日に「観光交流ネット千厩」(永澤由利代表)主催のバスツアーで見学に行って来ました。

こちらの蔵は国指定有形文化財。
大正ロマン漂う蔵の中に一歩あしを踏み入れれば、そこには「満開のさくら」が待っていました。
画像
このひな祭りは、毎年テーマを変えながら続けられており、今年のテーマは「さくら」。一万個以上の桜の花を全て手ぬいで作られたそうです。
今回は、この蔵を守り続けている「蔵サポートの会」会長の昆野洋子さんに会場内をご案内して頂きました。

こちらはつるし雛。
画像
七本のひもに七個のひなをつるすのが基本形。この理由は「7×7は49。人生50年と言われた頃は、女性は男性よりもひと足先に行きましょう。」という意味が込められているそうです。
また、一つひとつのひなにも意味があり、ぞうりには「早く歩けるように。」
画像
たけのこには「すくすくと成長するように。」鯛には「めでたいことがたくさんありますように。」
画像
などの願いが込められているそうです。

今年の干支は「さる」。この「さるぼぼ」は全部で120〜130体制作されたそうです。
画像
さると言えばやはりこれ。
画像
ひな壇のどの辺にいるか?是非見つけに行ってくださいね!

こちらは江戸時代の享保年間(1716〜1736)に流行した「享保雛」。
画像
女雛の衣装が十二単を思わせる様な細工とボリューム感が特徴的です。
猊鼻渓を思わせる素晴らしい藤棚の下には、こちらも江戸時代、享保の後の明和〜安永(1760〜70年代)頃に作られた「古今雛」。
画像
画像
現在の雛人形に近い衣装や冠ですね。

奥の部屋には「芥子(けし)雛」。
画像
江戸時代の中期〜後期、徳川吉宗の時代の質素倹約令によりひな祭りの贅沢も禁止されていた頃、庶民は工夫して見た目は芥子の実の様に小さいけれども、非常に手の込んだ作りのひな人形を飾って楽しんだそうです。
武士による押しつけともいえる質素倹約令に対抗したこの雛は「商人魂の証。」と昆野さんは教えて下さいました。

そしてこちらは「次郎左衛門雛」。
画像
江戸時代中期に京の人形師「雛屋次郎左衛門」が創始したことからこの名があり、日本橋で売り出されひな人形が庶民に広まるきっかけになったとのこと。

二階へ上がってみるとそこは絢爛豪華、20組を超えるひな壇が飾られていました。
画像
画像
明治から昭和にかけて作られた人形の数々。
画像
画像
これらのひな人形は個人からの寄付の他、閉園となった保育園から譲り受けたものもありました。
画像
画像


この素晴らしいイベントは開催期間は3月3日までの3週間ほどですが、準備には1年かかるとのこと。継続するには後継者の育成が必要とのことで、地元の高校生に人形作りを教え始めたそうです。
画像
是非受け継がれて行ってほしいものです。

また、こちらの和紙人形は千厩出身で神奈川県在住の丹野孝さんの作品。
画像
画像
一体制作するのに6時間以上かかるそうです。

更にこのお祭りが素晴らしいのは、町をあげて行われているところ。
オープニングイベントの「漆原栄美子」さんと「藤野君子」さんの民謡コンサートには、地元の生徒が踊りで参加。
画像

町では各商店が趣向を凝らした飾り付けを行ってお客さんを出迎えます。
「日野屋本店」さんは、広いスペースに数々の力作を展示。
画像

「小林魚店」さんのつるし雛はなんと、タコとサケ!
画像

そして、食堂やレストランではひなまつり期間中限定のメニューでおもてなし。
「まんまや」さんの「花弁当」は和も洋もふたを開けた瞬間に思わず微笑んでしまう、とても春らしくかわいらしいお弁当でした。
画像


ひなまつり期間中は「スタンプラリー」「つるし雛作り体験」など多彩なイベントが予定されており、また今年初めて21日と28日の二日間「人形供養祭」が行われるとのこと。子供も大人も家族全員で楽しめること間違いなしです。

2月11日はお隣りの大東町では「大原水かけ祭り」が行われました。水かけは裸で走るのも水をかけるのも男にしかできない、ダイナミックなお祭り。
対照的なこの「千厩ひなまつり」は女性が作り上げた華麗なお祭り。

千厩の女性の、繊細な中にも力強さが感じられるすばらしいお祭りです。
画像


開催期間 2016年2月11日〜3月3日
開場時間 10:00〜16:00(千厩酒のくら交流施設のみ)
入場料 高校生以上一人200円(千厩酒のくら交流施設のみ)

千厩町観光協会
http://senmaya-kankou.com/?p=8736
いちのせき観光NAVI
http://www.ichitabi.jp/information/page.php?p=272



雛人形 千匠 ひな人形 雛 三段飾り 五人飾り 雛 名匠・逸品飾り 雛人形 十二単 天使のはごろも 御雛 お雛様 おひなさま 【2016年度新作】 h273-ss-43a-23 10P11Mar16
ひな人形・5月人形の人形屋ホンポ
サイズ:間口90×奥行75×高さ87(cm)(社)日本人形協会認定 優良店十二単 天使のはごろも 御


楽天市場 by 雛人形 千匠 ひな人形 雛 三段飾り 五人飾り 雛 名匠・逸品飾り 雛人形 十二単 天使のはごろも 御雛 お雛様 おひなさま 【2016年度新作】 h273-ss-43a-23 10P11Mar16 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひと足先に春の訪れ 「第9回 せんまやひなまつり」 安近短な旅の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる