幻想的 萬蔵稲荷

2014年5月18日 宮城県白石市にある萬蔵稲荷神社に参拝。
画像

この神社は、縁結び、商売の神様として特に自ら商いを営んでいる方々の信仰を集めている様です。
前夜宿泊した飯坂温泉の旅館のご主人も、よく参拝に行っているとのこと。

飯坂温泉駅のブログ http://tokitatewakaru.at.webry.info/201405/article_8.html

この日は福島県伊達郡国見町から宮城県白石市へ向かい、小坂峠を越える県道46号線(通称小坂峠。七ヶ宿街道の一部。)を通るルートで神社に向かいました。
画像

急な坂を登って行くと、突如現れる巨大な鳥居。
画像

神社は宮城県側にあると聞いていたのですが、壱の鳥居は福島県側にあるのですね。
鳥居の近くには石碑やら水車らがありましたが、萬蔵稲荷との関係は分かりませんでした。
また、ここからは羽州街道の旧道(山道)に入れるようになっており、昔の茶屋の跡がありました。
画像

羽州街道(旧道)出入り口。
画像

ここから山頂の出入り口までは、歩けるように整備されいて時々羽州街道を歩こう!みたいなイベントが行われている様です。
九十九折り状態の坂を登り頂上へ。
画像

ここから宮城県側に入ります。オートバイの方が多かったですね。
今は営業していないと思われるドライブインぽい建物の陰に、羽州街道の出入り口がありました。
画像

坂を下ってカーブを曲がるとすぐのところに、大阿闇梨金剛院祐観(だいあじゃりこんごういんゆうかん)こと、熊谷萬蔵さんを祀る神社とお墓があります。
画像

画像

画像

画像

画像

萬蔵稲荷とは、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)を祀る神社で、旧社名は賀良明貴稲荷。この神社を守り続けた熊谷萬蔵さんを讃えていつしか萬蔵稲荷と呼ぶようになったとのこと。
もう少し下って行くと、見えて来ました。
画像

萬蔵稲荷神社に到着。
画像

これが弐の鳥居(だと思います。)
画像

少し行くと参の鳥居。
画像

ここから、幻想的な鳥居の行列の始まりです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

行けども行けども続く鳥居の列。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

鳥居の数は一の大鳥居から数えて123。震災でずいぶん倒れたそうで、以前は150近くあったとのこと。
画像

神社が見えて来ました。
画像

手水舎
画像

こちらは祈祷を行う拝殿。この日もご家族と思われる御一行が祈祷を受けられていました。
画像

画像

神使達。
画像

画像

ずいぶんにこやかですねぇ~。そう言えば、先ほど祈祷を受けられていた方々も、終わった後はずいぶんにこやかに出て来られました。しかし、右側の狐が連れているのは子供だと分かりますが、左側が持っているのはなんでしょうか?聞くのを忘れました。
手水舎脇の階段を登ると一般用の拝殿。
画像

画像

画像

拝殿から本殿へ続く階段。
画像

更に階段を登ったところ。奥が本殿、手前の神社は何か分からず。
画像

更に階段を登ると、何やら良く分からない石積み。
画像

画像

一通り全部拝見させて頂いた後は、売店でお守りを購入。
画像

今回は自転車で来たので、自転車用を購入し早速装着。
画像


こんな山奥に、こんなにも素晴らしい神社があったとは。感激しました。

宮城県神社庁
http://www.miyagi-jinjacho.or.jp/jinja-search/detail.php?code=310010150
白石市観光協会
http://www.shiroishi.ne.jp/sightseeing/experience.html
福島県国見町
http://www.town.kunimi.fukushima.jp/sightseeing/02.html



白石温泉薬師の湯
楽天トラベル
歴史とご当地グルメの街・白石♪天然温泉と旬の味覚の和会席を堪能



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック