安近短な旅の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 景色もこたつも鍋も船頭さんも最高!「冬の猊鼻渓」

<<   作成日時 : 2016/01/29 19:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年1月24日 我が家の毎年恒例「猊鼻渓のこたつ舟」に乗って来ました!
画像

1月に入っても全然降らなかった雪が降って私達はうれしいのですが、佐藤猊巌さんは雪にまみれてとっても寒そう。
画像
名勝・猊鼻渓の冬の風物詩「こたつがとっても暖かい屋形舟」です。
画像
満員のお客さんが乗船して、いざ出発!
画像
屋形舟の時は船頭さんは二人体制。まず語りは、佐藤純一船頭!
画像
とぼけた調子で笑いを誘います!そして、エンジンの小野寺孝行船頭は・・・見えません(笑)
船頭さんのお話も楽しいのですが、今日は上りはそれどころではありません。
ジャン!
画像
木流し鍋を予約しちゃいました。イエーい!
画像

船頭さんの「毘沙門様のさい銭箱は500円玉が一番良く入ります〜。」とか
画像
「あまよけの岩で雨宿りしたけど、ずぶぬれになりました〜。」
画像
というギャグには耳を貸さず(笑)、美味しい鍋とおにぎりに舌鼓を打ちました。
ボリューム満点の豪華な昼食も一旦舟を降りる三好ヶ丘までにペロッと食べ終わり、さあ、ここからは待ちわびた水墨画の世界を満喫です。
まずは、縦位置が定番の夫婦岩を横位置でも。
画像
素晴らしい景色に素晴らしい天気。最高です!
錦壁岩(きんぺきがん)と馬鬣岩(ばりょうがん)
画像
画像
特にこの馬鬣岩(ばりょうがん)は「まさに水墨画」ですよね!
そして圧巻の「大猊鼻岩」は
画像
画像
レンズに入りきれませんでした(笑)
ここでは、お約束の「運玉投げ」をやりました。
草野球でしたが元エースの私。楽勝で入るはず
画像
画像
でしたが、一個も入りませんでした(涙)
舟に戻る途中でも素晴らしい雪景色を堪能!
画像
画像
素晴らしい山水画ですね。
舟に乗り込み、出発前に舟上からの夫婦岩も
画像
うーん素晴らしい。
下りはのんびり、鴨にエサをあげたりしながら
画像
船頭さんの「げいび追分」を聞いて舟下りは終了。
下船したら、そこにはなんと猊鼻渓のスーパースター、伊藤船頭が待っていてくれました。
うちの奥さんホントは顔出しNGですが、今日ばかりはこの写真を!
画像


猊鼻渓って、本当にいいとこだなぁ〜。

昨年の冬の猊鼻渓はこちら→http://tokitatewakaru.at.webry.info/201512/article_4.html





秋の猊鼻渓(F10号) 山田清光【送料無料!代引手数料無料!】
トップアート
作品詳細について作品名秋の猊鼻渓(F10号)作家名山田清光寸法(約)(絵)53×45.5cm(額)6


楽天市場 by 秋の猊鼻渓(F10号) 山田清光【送料無料!代引手数料無料!】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





夏の猊鼻渓 P10号(油彩画) 山田清光【送料無料!代引手数料無料!】
トップアート
夏の陽射しを浴び、輝くばかりの緑に包まれた猊鼻渓大自然の芸術を写しとり、癒しの空間を彩る逸品平成23


楽天市場 by 夏の猊鼻渓 P10号(油彩画) 山田清光【送料無料!代引手数料無料!】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
景色もこたつも鍋も船頭さんも最高!「冬の猊鼻渓」 安近短な旅の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる